ぷりずむkyoko トップページ

お知らせ

腸ミラクル米驚くべきパワー(1)

投稿日:2012年3月14日

腸ミラクル米の真実をお伝えしていこうと思います。

 近年では玄米の表皮や胚芽に含まれるフィチン酸が毒素を出して、病気を治していく作用と同時に強力な排泄作用によりカルシウムなどのミネラルも毒素と一緒に排泄してしまう、ということが問題視されています。  これを私達は食が健康を支え、体の基礎作りを提案しているものとして、”腸ミラクル米”について、改めて生産者さんに徹底調査いたしました。

驚くべきパワーその1として・・・

Q1:何種類かのお米が混ざっていると聞きましたが、どんな種類が含まれていますか?

A1:あすなろ米+米の精+古代米を有機農法、無農薬農法、第3農法の技術を用いて作られた    3種のお米を絶妙な配分でブレンドしたものです。

あすなろ米:未熟な若いときに収穫するため、よく巷では脳の活性によいとされる抑制系神経伝達物質のギャバ(GABA)が多く、副交感神経にスイッチを入れ血管を拡張して消化作用を高めてくれますし、集中力を高める効果があったり、心を鎮める効果があると言われています。

次回は・・・米の精についてお知らせしま~す                                                                                

 

←戻る